・トップ画変えました!(5/12)
 ※写真は東武トレジャーガーデンのネモフィラです。
・ブログ内画像は出典を明記して自由にお使いください!

2017年08月14日

黒檜山(赤城山)

上毛三山であり、日本百名山のひとつでもある赤城山。
こちらはその最高峰であり、標高は1,828m。
読み方は「くろびさん」です。

黒檜山.JPG

黒檜山登山口からのルートは終始、このような岩場が続いてかなり険しいです。
恐らくこのルートで下山するのは難度がかなり上がるでしょう。
ただし、ロープや鎖を使う箇所は無いので、登山慣れした人なら難なく登れる山ではあります。

黒檜山山頂.JPG

山頂からは周辺の大パノラマを楽しむことができるそうです。
・・・ただし、この日は深い霧が立ち込めていて、ほとんど眺望は拝めませんでした。

雲海.JPG

その代わり、山頂の絶景エリアと呼ばれる場所からは見事な雲海を拝むことができました。
普段は恐らく眼下に街並みが広がっているのだと思いますが、これは個人的にラッキーだったと思いますね。

黒檜山.JPG

駐車場は登山口の近くにも十台以上停められる場所があります。
おすすめは黒檜山登山口から登って、駒ケ岳を通って下山するルートですね。
いわゆる山ガールと呼ばれる女性も多く見られたし、それほど気負わず登れる山だと思います。


【訪問時期】8月(平日)・朝
【混雑具合】少なめ

ラベル:前橋市 中毛
posted by 知金 at 15:24| Comment(0) | 自然・景勝地 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

赤城神社(三夜沢赤城神社)

前橋市三夜沢町にある神社。
赤城山南山腹にあり、山頂にある大洞赤城神社等とともに赤城神社の総本宮と目される一社です。

三夜沢赤城神社鳥居.JPG

境内は広く、深い森に囲まれた神秘的な空間です。
樹齢数百年以上と思しき巨木が至る所に見られ、境内全体が生命力に満ち溢れている印象。
特に信心深くなくとも、この場所を散策しているだけで自然からエネルギーをもらえそうですね。

三夜沢赤城神社境内.JPG

もちろん赤城神社の総本宮だけあって、基本的にここでは御朱印が貰えるという情報は得ていました。
ただ残念ながら、この日は社務所?の工事中だったらしく、授与所が閉まっていたために断念。
最近はまったく御朱印がもらえていませんが、これも運命と思って私はあまり執着はしませんね。

三夜沢赤城神社拝殿.JPG

その長い歴史ゆえ、境内には色々と面白い文化財も数多く見られます。
個人的に気になったのは、漢字伝来前に日本で使われていた「神代文字」とされる碑文です。
まあ、この地にその石碑が残っていたわけじゃなく、明治3年に建てられた物だそうですが。

神代文字.JPG

駐車場は無料のものが境内近辺に数か所あり、スペースもかなり広いです。
休憩がてら、赤城山の行き返りに立ち寄るのもよいでしょう。


【訪問時期】7月(平日)・昼
【混雑具合】


ラベル:中毛 前橋市
posted by 知金 at 15:33| Comment(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

前橋天神山古墳

前橋市広瀬町にある前方後円墳(跡)。
東日本最初期に造られた前方後円墳のひとつで、全長は約129mにも及ぶ巨大なものだったそうです。

前橋天神山古墳.JPG

・・・ですが、残念ながらかつての区画整理事業の結果、古墳部の大半が掘削されて現在は四角形にされたごく一部分しか残っていません。
まあ、時代的な価値観の違いでしょうが、かなり歴史的に貴重な古墳だったのでどうにか保存できなかったのかとは思いますね。
ちなみに、ここから徒歩圏内に八幡山古墳があり、そちらはよく保存されています。

前橋天神山古墳.JPG

周辺は普通の住宅街。
ここを目的として訪れない限り、恐らく見つけることは難しいでしょう。
そもそもまず一見して古墳とは思えないし、私有地かと勘違いしそうな場所ですね。

前橋天神山古墳.JPG

墳丘部には階段で登ることができ、住宅街の微妙な風景が楽しめます。
民家に隣接しており、専用の駐車スペースも無いので、訪問の際は周囲の迷惑にならないようご注意を。


【訪問時期】7月(平日)・朝
【混雑具合】閑散


ラベル:中毛 前橋市
posted by 知金 at 16:24| Comment(0) | 史跡・文化遺産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

【まとめ】群馬県にあるおすすめ古墳一覧

【太田市】

天神山古墳(男体山古墳)

東日本最大の大きさを誇る前方後円墳。
墳丘長約210m。
構造物や展示資料はほとんどありませんが、とにかくそのスケールは一見の価値あり。


【高崎市】

井出二子山古墳

保渡田古墳群最大の前方後円墳。
墳丘長約108m。
古墳周辺がコスモスの名所となっています。

八幡塚古墳

保渡田古墳群のひとつである前方後円墳。
墳丘長約102m。
全体を葺石で覆われ、復元された石室内部の様子も見学できます。


【前橋市】

中二子山古墳

大室古墳群最大の前方後円墳。
墳丘長約111m。
二重の堀沿いに並べられた埴輪が印象的。

八幡山古墳

東日本最大の大きさを誇る前方後方墳。
墳丘長約130m。
構造物や石室は見られませんが、珍しい前方後方墳。
posted by 知金 at 15:42| Comment(0) | 【まとめ】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ご訪問ありがとうございました。
よろしければランキングクリックをお願い致します。




にほんブログ村