・トップ画変えました!(5/12)
 ※写真は東武トレジャーガーデンのネモフィラです。
・ブログ内画像は出典を明記して自由にお使いください!

2016年04月27日

ふれあいぼたん園(大慶寺)

太田市にあるぼたん寺として有名な大慶寺
春のシーズンになると、境内の庭園は色とりどりの牡丹(ぼたん)の花で埋め尽くされます。

大慶寺ふれあいぼたん園.JPG

観光情報によれば約150種、3,000株ものぼたんの花が見られるのだとか。
群馬のぼたん寺としては他に桐生市の龍真寺などがありますが、規模はこちらのほうが大きいと言えるでしょう。
実際、この大慶寺は群馬県で最も大きなぼたん園を有するお寺なのではないでしょうか?

大慶寺ふれあいぼたん園.JPG

ぼたんの開花シーズンは浄財(入園料)として300円が掛かります。(2016年現在)
一応は「ふれあいぼたん園」と呼ばれる庭園ですが、お寺の境内との区別はされていない模様。
つまり、参拝のために境内に入るのもこの時期はお金が掛かると思われます。

ただし、このお寺を代表する「泣不動」のある不動堂は受付の外にあるので、お不動様の参拝だけなら無料で(賽銭のみで)済みます。
まあ、せっかくなので参拝目的でもぼたん園も併せて見ていくことをお勧めしますけど。

大慶寺ふれあいぼたん園.JPG

ぼたん園はかなり広く、本当に多種多様なぼたんの花が植えられています。
その先には竹林や藤棚もあり、様々な見どころのある境内です。

惜しむらくはいたる所を飛び回る蜂でしょうか。
この時期の花園の宿命でしょうが、かなりの大きさの蜂がそこかしこで蜜を求めて飛んでおり、少し怖い思いをしましたね。
特にぼたん園は散策路が狭いので、私は道を塞ぐように警戒行動を取る蜂を迂回することができず、執拗に追いかけられてしまいました。

大慶寺ふれあいぼたん園.JPG

庭園としての美しさや精緻さはともかく、これだけの数の牡丹を一挙に見られるのはやはり素晴らしいことです。
皆さんもぜひ春の開花シーズンには一度、こちらでぼたん観賞を行なってみてください。


【訪問時期】4月25日(平日)・朝
【混雑具合】多め

ラベル:東毛 太田市
posted by 知金 at 11:42| Comment(0) | イベント・風物詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

粕川公園

伊勢崎市粕川町にある公園。
場所は住宅地の一角にあり、日立製作所の工場や児童センターに隣接しています。

粕川公園.JPG

こちらは観光地というより、規模的には近隣公園に属すると思われます。
芝生広場や各種遊具が多くあり、普段の散歩やレクリエーション向けの施設と言えるでしょう。
ただし、お洒落な馬のオブジェクトが置かれていたり、ちょっとした築山や展望台があったり、散策を楽しめるようにはなっていますね。

粕川公園.JPG

正直、ここは観光地として紹介すべきかどうか迷った場所なのですが、今回あえて載せてみました。
というのも、3月に訪れたときにこちらで見られた梅の花が印象的だったからです。
桜を植えている公園は多々あれど、梅が見られる公園は決して多くはないと思うので、近くで観梅したい人にはお勧めですね。

粕川公園.JPG

もちろん梅の本数自体は数本程度でしたが、ちゃんと紅梅と白梅が植えられていました。
どちらかといえば子供や家族連れ向けの施設ですが、一人旅でもそうした季節の風情を感じるには良いところだと思います。


【訪問時期】3月(平日)・朝
【混雑具合】閑散

ラベル:中毛 伊勢崎市
posted by 知金 at 01:22| Comment(0) | 公園・庭園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

光明寺(桐生市)

桐生市宮本町にある曹洞宗の寺院。
吾妻公園の東に隣接し、桐生が岡公園にも近くて観光には便利な立地。

光明寺の山門.JPG

ホームページの縁起によれば、このお寺の大元は西暦739年に建立されたのだとか。
たいへん長い歴史に相応しく、境内は独特な風格に包まれています。
山門をくぐって真っ先に目を引くのが、お堂の側に植えられた立派な枝垂れ桜。

光明寺の枝垂れ桜.JPG

写真に収めるのが大変なくらい、たわわに花を咲かせた巨木です。
この木を観るためだけに訪れても損はないでしょう。

光明寺.JPG

その他、様々なお地蔵様や観音様が参拝者の心を癒してくれます。
なかなかに見どころの多い、素敵な場所ですね。

そしてこちら、「桐生七福神第一番札所」となっているのだとか。
ここで祀られているのは弁才天。
お堂の石段脇に、可愛らしい弁才天様の石像が置かれています。

光明寺の弁財天.JPG

それほど広い境内ではありませんが、山の麓であるためとても清々しい場所です。
吾妻公園のチューリップまつりの行き帰りや、ハイキングのついでに立ち寄ってみるのもよいかもしれません。


【訪問時期】4月(平日)・朝
【混雑具合】閑散

ラベル:東毛 桐生市
posted by 知金 at 09:52| Comment(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

吾妻公園チューリップまつり

桐生市宮本町にある吾妻公園で、例年春のチューリップ開花期に行なわれるイベント。
約12,000本とされるチューリップで彩られた園内を、誰もが存分に楽しめるようになっています。

吾妻公園チューリップまつり.JPG

散策路脇の随所に設けられた花壇には、色とりどりのチューリップが咲き誇っていました。
定番の赤や黄色の他、白や紫っぽいものまで。
普段は山間の落ち着いた公園も、この時期だけは派手な衣装に衣替えしたかのよう。

吾妻公園チューリップまつり.JPG

群馬県内のチューリップの名所といったら、他に「ぐんまフラワーパーク」が有名です。
確かにそちらに比べたら規模も種類も及ばないというのが率直な感想。
しかし、ここでは山の景観とハイキングを楽しみつつ、花をのんびり観賞することができます。

吾妻公園チューリップまつり.JPG

惜しむらくは山地にあるため、イノシシ対策として一部で花壇に電気柵のようなものが設置されている点でしょうか。
さすがに開園中は通電してはいないと思いますが、ちょっと怖かったですね。
特に子供連れが多く訪れるイベントだけに、くれぐれも事故など起こらないように願うばかりです。

吾妻公園チューリップまつり.JPG

チューリップ満開より少し早く訪れれば、桜とのコラボも楽しめることでしょう。
隣接する無料の駐車場もあり、水道山公園の駐車場からも一応は散策路が通じているので、そちらから来ることも可能です。
無料で楽しめるチューリップの名所として、ぜひ多くの人に足を運んでほしいと思います。


【訪問時期】4月11(平日)・朝
【混雑具合】少なめ

ラベル:桐生市 東毛
posted by 知金 at 05:28| Comment(0) | イベント・風物詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

第12旅団創立・相馬原駐屯地創設記念行事

榛東村大字新井にある相馬原駐屯地。
陸上自衛隊の基地であるここでは例年、いわゆる創立記念祭が行なわれ、一般市民にも基地内や訓練の一部が公開されています。

第12旅団創立・相馬原駐屯地創設記念行事.JPG

ここは榛名山の麓に位置し、隣接する相馬原演習場や飛行場も含めれば県内最大規模の自衛隊施設です。
そのため、県内の他の自衛隊イベントよりもダイナミックで大掛かりな訓練展示が最大の見どころでしょう。
特に各種ヘリが並んで飛行する様は壮観でした。

第12旅団創立・相馬原駐屯地創設記念行事.JPG

ただし、私が到着したのは訓練開始して5分後くらいだったため、プログラムの概要はイマイチ分かりませんでした。
昨年の新町駐屯地でのイベントは拡声器を用いたアナウンスがあり、シミュレーションに基づいた訓練展示でした。
ところがこちらに限っては特にそういった感じではなく、いったい兵隊さんたちが何をしているのか素人にはよく分からなかったのは残念でしたね。

第12旅団創立・相馬原駐屯地創設記念行事.JPG

また、会場内はとにかく広く、見学席からはかなりの距離があったことを付しておきます。
見学者も相当な数に及ぶため、良い位置で訓練の様子を見るためには早めに訪れねばなりません。
カメラ撮影する際はズーム機能に特化したものが良いでしょうね。

相馬原駐屯地の桜.JPG

駐屯地内は数多くの桜が咲き誇り、お花見を楽しめるようになっています。
特にこちらの広大な敷地を利用した桜並木は見事の一言で、県内屈指の名所と言っても過言ではないでしょう。
露店も数十件軒を連ね、手ぶらで訪れてもお花見を楽しめます。

相馬原駐屯地の桜.JPG

惜しむらくは尋常じゃない人ごみと、アクセスの悪さでしょうか。
許可された人以外は駐屯地内に駐車できず、来場者は少し離れた村役場かスポーツアリーナの駐車場を利用します。
そこから随時シャトルバスで駐屯地内まで輸送される感じ。

来場してからも露店エリアは常に大渋滞だし、軍事基地ゆえに案内図もほとんどありません。
ゴミ箱は無いし、公衆トイレも少なくて常に順番待ち。
もちろん全て無料ですが、皆さんもそうした不便さを予め覚悟してから来場するようにしてくださいね。


【訪問時期】4月9日(土曜日)・昼
【混雑具合】激混み

ラベル:北毛 榛東村
posted by 知金 at 09:05| Comment(0) | イベント・風物詩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ご訪問ありがとうございました。
よろしければランキングクリックをお願い致します。




にほんブログ村